10人のうち、4人が英語を話す時代!

10人のうち、4人が英語を話す時代!2016年12月20日
大阪泉州・泉佐野駅前
月謝制ネイティヴ英会話 Giテック

 

 

日本の<英語教育は、他の国々と異なった特異なものとなっています。事実、大学入試の英語科目で高得点を取った学生でも、英語を話せるわけではありません。   では、「実用英語」すなわち「使える英語」を身につけることは必要でしょうか?不要でしょうか?

 

その答えは、『必要』です。

 

その理由は、10人のうち4人が英語を話す時代が来るからです。(イギリスの公的機関の予測による)

 

急速に進むグローバリゼーションにより、「英語は話せて当たり前」という時代がすぐそこまで来ています。日本企業であっても、「社内の公用語は英語」という会社もあります。

 

趣味・学術目的であれば、中国語や韓国語を勉強するのもよいでしょう。しかし、「実用性」を考えた場合、英語をまず習得したほうが好ましいのです。

 

英語の入試問題でいくら高得点をとっても、その英語を実生活で使えないなら、全く意味がありません。「言語」というものは、『コミュニケーションするために存在する』のですから。だから、日本の高校では、「英語の授業は英語ONLYで行う」ことになるのです。

 

他のアジアの国々では、日本よりも英語学習が進んでいる国もあります。例えば、中国や韓国では、日本よりも英語学習が進んでいます。すなわち、英語さえできれば、欧米人はもとより、アジア系の人ともコミュニケーションがとれるのです。英語は国際交流における「触媒」を担う言語といえます。

 

さて、あなたの回りを見渡してください。10人に4人(40%の友人・知人)が英語を話すなんて、想像できますか?『そんなの有り得ない。』と思った方がほとんどでは?もし、あなた(あるいは、あなたのお子さん)が英語を話すことができたら???

 

英語学習が遅れている日本では、かなり有利な条件で就職・転職できたり、私生活の充実などに恵まれることは間違いないでしょう。

 

『英語学習なんて、今さら・・・』と思われる社会人の方も居るかもしれません。しかし、インターネット上に存在する情報の半分以上が英語。ビジネスの世界でも標準は英語。最近は、通訳の居ない国際会議が増えているそうです。なぜなら、『英語は世界標準言語』だからです。

 

さぁ、はじめましょう。

 

英語は難しくありません。

 
“英語の文法は難しい・・・外国人と話すのは苦手・・・間違った英語を話して恥をかきたくない・・・” そういった否定的な心が英語を難しくしているだけです。

 

考えてみてください。日本語のほうが遙かに難しいのです。漢字・ひらがな・カタカナの3種類の文字を使います。英語は、”wife”という一語で表現できるのに、日本語だったら『妻・連れ合い・嫁さん・家内』などなど多様な言い方があります。私達日本人は、世界で最も難しい言語の一つと言われる日本語をマスターしているのです。英語なんて、簡単なものです。

 

英会話Giテックには、アットホームな雰囲気で、リラックスして英語に取り組む環境が用意されています。ちょっとしたホームステイみたいな雰囲気です。

 

言うならば、『プチ留学

 

まずは、否定的な心とストレスを取り払いましょう。これは英語学習だけでなく、習い事一般に言えることでしょう。少々間違った英語でも構いません。まず最初に大事なことは、コミュニケーションできること。英語は言語というよりも、コミュニケーションツール(道具)なのです。その道具が無いと、あなたの人生の幅が狭まります。つまり、英語という道具を持たない人は、不便な生活を強いられる時代になりつつあります。

 

“そうは言っても、どこから手をつけていいのかわからない・・・”

大丈夫です。英会話Giテックが、あなたをファミリーの一員としてサポートします。

 

英会話GiテックのKIDS英語レッスンは、3歳から小学6年生まで。学生さん・大人の方の英会話レッスンは、完全自由予約制!(もちろん、子どもと大人ではレッスン内容は違います。)

 

海外留学しなくても、英語は話せるようになります。事実、英会話Giテック代表の井田は、海外留学の経験も無く、パスポートすら持っていません。

 

さぁ!はじめましょう!百里の道も一歩から。Take it one step at a time.

 

10人のうち4人が英語を話す時代に備え、「使える英語」を身につけましょう。