『金のなる木』の英語表現

Cash cow英会話Giテックにおいて、『学生さん・大人の方向けの英会話レッスン』は、自由予約制です。

 

そのため、不規則な生活の方でも、レッスンを受講できます。

 

先日、全ての英会話レッスン予約枠が全て満席となり、すごく忙しい日がありました。

 

多くの生徒さんで混雑して、嬉しい悲鳴を上げていたのですが・・・

 

忙しくしている私を見て、ネイティヴ講師が・・・

 
“Hey Takashi! All of the classes today are cash cows!”
 
というようなことを私(Giテック代表:井田 隆士)に言ってきました。

 

前述のような英会話文だったかどうか覚えていないのですが、

 

cash cow“という英語表現だけが頭に残りました。

 

“cash cow“って、どんな意味だろう?』
 
と英英辞典(LONGMAN)で調べてみますと・・・

 
cash cow

 

something that a company sells very successfully and that brings in a lot of money
 
とあります。この英語の解説文を日本語を翻訳してみますと・・・

 
『会社での販売がとても好調なもの、多くのお金をもたらしてくれるもの』
 
という意味です。要するに、

 
金のなる木、稼ぎ頭、ドル箱
 

というような意味だと考えればよいみたいです。

 

語源としては、

 
『”cow”(乳牛)は、一度手に入れたら、とても長く牛乳を出してくれる』
 
というところに由来するみたいです。

 

ですから、ビジネスが上手く行っているときに使われる表現ですね。

 

今の時期(夏)、南大阪の泉州(泉佐野市・貝塚市・泉南市・熊取町など)の八百屋さんでしたら、

 
>『水ナスは、夏の稼ぎ頭だ!』
 
という感じですから、これを英訳すると、

 
“Mizunasu, a kind of eggplants, is a cash cow in summer!!”
 
というような言い方になりますね。(^^)/

 

ちなみに、泉州名産の『水ナス』は、(当たり前ですが)海外にはありません。ですから、水ナスに相当する英語が無いので、”a kind of eggplants”(茄子の一種)と解説を加えました。

 

また、この記事を書いているのは、2016年7月ですが・・・

 

『ポケモンGO』というスマホ向けのゲームが配信開始されました。

 

大人気のようで、任天堂さんの株は、うなぎ登りだそうです。

 

正に、任天堂さんにとっては、

 
“Pokemon GO is a cash cow for us!”
という状況ですね。(^^♪

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック