『ごちそう』の英語表現

delicay日本語でも英語でも、「同じ言葉なのに、場面によって意味が違う」ということが多々あります。

 

その一つの英語として、”delicacy“という単語があります。

 

日本語でも、「デリカシー」と言うように、一般的には、「思いやり」「繊細さ」という意味として捉えている人が多いと思います。

 

しかし、実は、”delicacy”には、「ごちそう」「美味」「珍味」といった意味もあります。

 

英英辞典(LONGMAN)には、次のような解説と例文が載っています。

 

[ countable ] something good to eat that is expensive or rare

“Snails are considered a delicacy in France.”

 

これを日本語に翻訳すると、次のようになります。

 

[ 可算名詞 ] 高価、あるいは、珍しい食べる物

『カタツムリは、フランスでは、ごちそうと考えられている。』

 

私自身の経験に当てはめると、次のような英文を思いつきました。

 

“In my opinion, there are many restaurants that serve delicacies in Izumisano.”

 

「私が思うに、泉佐野には、美味しい料理を出すレストランが沢山あります。」

 

特に、夜の時間帯であれば、泉佐野駅前には、色々な料理を提供している飲食店があります。

 

時間があれば、もっと食べに行きたいのですが・・・(苦笑)

 

ちなみに、写真の『ハーフポンド・ステーキ』は、こちらのブログで紹介している、泉佐野駅前ハワイアンレストランの『Hale’aina(ハレアイナ)』さんのステーキです。

 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック