『作り話をする』の英語表現

make it upお子さん達は、よく「作り話」をしますよね。

 

例えば、自分の都合悪いことを隠すために。(笑)

 

では、「作り話をする」を英語で表現すると、どうなるでしょう?

 

“make a story”という言い方もできますが、なんとなく「物語を作る」という感じで、堅苦しい感じがします。

 

日常会話でしたら、”make up”という句動詞がよく使われます。

 

例えば、”I just made it up.”と言えば、

 

「それ(今言ったこと)は、適当に作った話(作り話)です。」

 

という意味になります。

 

ちなみに、句動詞の”make up“は、会話の場面によって、色々な意味に変化します。

 

例えば、女性の「化粧をする」という意味でも使われますよね。

 

基本的には、「作り上げる」という意味で、そこから会話場面に応じて、色々とニュアンスが変わるということです。(^^)/

 

大阪泉州には、関西国際空港がありますが・・・

 

『関西空港を作り上げた。』

 

英語で表現する場合は、”make up”だと、何となく規模が小さいイメージがするので、”build up”(築く)という英語表現が適切かもしれませんね。

 

“build up”(ビルドアップ)というと・・・『鋼鉄ジーグを思い出した』という人は、私(井田)と同世代ですね。(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック