やんわり否定する英会話表現

Not really英語は、とかく『Yes/Noをハッキリ言う言語だ』と言われますが、確かに日本語よりも、結論を明確にする言語のようです。

 

ただ、英語の場合でも、『やんわりと否定する』という言い方があります。

 

それはそうですよね。頭ごなしに、何でも否定されると人間誰でも嫌な気分になります。

 

さて、『やんわりと否定する英語表現は、どのようなものがあるでしょうか?

 

色々な言い方がありますが、私(井田)がよく使うのが・・・

 

Not really.

 

です。

 

“否定(not)”の次に、”really”を付け加えることで、

 

そうでもないよ

 

というニュアンスになります。

 

例えば・・・

 

『君って、納豆をあまり食べないけど、納豆が嫌いなの?』

 

と聞かれて、

 

そうでもないよ(特別に嫌いというわけじゃないよ)』

 

と返事する場合などに、”Not really.“が使えます。(^^)/

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック