『仕事の話』の英語表現

Shop Talk御存知の方も多いと思いますが、”shop talk“という英語フレーズを紹介します。

 

直訳すると、「店の話」ということですが、どういう意味でしょう?

 

なんとなく、解りますよね?

 

仕事の話」ということです。

 

また、”talk shop“で、「仕事の話をする」という表現にもなります。

 

ですから、

 

“Let’s have a talk shop.”や、”Let’s talk shop.”は、

 

「さぁ、仕事の話をしよう。」という意味になります。

 

ただ、どちらというと、嫌な場面で使われるようです。

 

楽しいパーティをしているのに、仕事の話を持ち出したりしたら・・・誰でも嫌ですよね?(笑)

 

そういう場面で、

 
“Everyone disliked him because he talked shop in the party”

 

「パーティで仕事の話をしていたので、皆は彼を好きじゃなかった。」
というように使われます。

 

英英辞典(LONGMAN)には、次のような解説が載っています。

 
shop talk” noun [ uncountable ] American English informal

 

conversation about your work, which other people may think is boring

 

これを日本語化すると

 

shop talk” 名詞 [不可算] アメリカ英語 口語表現

 

あなたの仕事に関する、他の人達が退屈と考える内容の会話
 

ということになります。

 

また、次のような解説もあります。

 
“talk shop”

 

if people talk shop, they talk about their work when there are people present who are not interested or involved in it – used to show disapproval

 

“Are you two going to talk shop all night?”

 
この英語を翻訳すると・・・

 
talk shop

 

誰かがが”talk shop“しているなら、関心が無い・関わりたくない人々がいる時に、仕事について話している、ということである。- 非難的な意見を伝えるときに使われる

 

『あなた達二人は、一晩中仕事の話をしているつもりかい?』
 

ということになります。(^^)/

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック