『言いたいことを単純にして英語化する』のがお薦めです。

言いたい英語を簡単な言葉で(子ども達が使うような簡単な言葉に変化させる)「言いたいことを英語に翻訳できない時」ってありますよね。

 

日本語だったら、上手く伝えられるのに、その日本語を英語に翻訳して話そうとしても、単語が出て来ない・・・ということが必ずあるはずです。

 

一部の生徒さんには御案内したことがありますが、まず「言いたいことを単純にする」という方法がお薦めです。

 

要するに、言いたい日本語を「100%英語に翻訳する必要はない」ということです。

 

特に、初級レベルの人は、こういう「言いたいことを簡単な単語で表現できるように単純化する」(子ども達が使うような簡単な言葉に変化させる)という方法が有効です。

 

例えば、「私は、電車で通勤している」という日本語を英語に翻訳する場合を考えてください。

 

「通勤する」の英語は、”commute”という動詞になりますが、もし、この”commute”という単語を知らなくても、簡単な英語の組み合わせで表現することができます。

 

「私は電車で通勤している」=「私は、電車で働きに行く」

 

ということですから、

 

“I go to work by train.”というなシンプルな単語で表現できます。

 

要するに、自分の英語レベルに合わせて、言いたいことを単純にする(子ども達が使うような簡単な言葉に変化させる)、ということです。(^^)/

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

学生さん向け夏休み短期コース

学生さん向け夏休み短期コース

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定