『三度目の正直』の英語表現

Third time is the charm.以前、「日本語と似ている英語」を紹介しましたが、今回も、日本語と似ている英語です。

 

日本語で、「三度目の正直」という言い方がありますが、要するに、「2回失敗した後に、3度目は上手くいく」という場面で使いますよね。

 

それに相当する英語のフレーズが、

 

Third time is the charm.

 

です。直訳すると、「三度目(Third time)は、魔法・おまじないが効く(charm)」ということですが、要するに、日本語の「三度目の正直」と同じニュアンスです。

 

英英辞典(LONGMAN)の解説では、次のようになっています。

 
third time lucky” British English
“(the) third time’s the charm” American English
 
used when you have failed to do something twice and hope to be successful the third time

 

この解説を日本語に訳すと、次のようになります。

 
third time lucky イギリス英語
(the) third time’s the charm アメリカ英語
 
<口語> 何かを2回失敗して、3回目で上手く行くことを祈るときに使われる

 

日本語でも英語でも、「三度トライすることが重要」という同様の感覚なんですね。

 

何かを2回失敗して落ち込んでいる人が身近にいたら、このフレーズを使って励ましてあげてください。(^^)/

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック