『煙と消える』の英会話表現

go up in smoke
 
以前にも、日本語の表現と似ている英語表現を紹介しましたが・・・
 
今回の英語表現も、日本語の表現と非常に似ています。
 
日本語で、『煙と消える』という表現があります。
 
要するに、『計画や予定などが無くなってしまう』という意味ですが、これに相当する英語表現です。
 

『煙と消える』 go up in smoke

 
この英語フレーズを直訳すれば、
 
『煙の中に入っていく』
 
というような意味ですが、もちろん、
 
『建物などが完全に壊れて無くなってしまう』
 
という意味でも使われます。
 
そして、比喩表現として、
 
『予定や計画などが無くなってしまう』
 
という意味でも使われます。
 
 
▼英英辞典(LONGMAN)には、次のような解説と例文が載っています。
 
“go up in smoke”
 
a) if something goes up in smoke, it burns so that it is completely destroyed
 
The whole factory went up in smoke.
 
b) informal if a plan or some work goes up in smoke, it fails or you cannot continue with it
 
We haven’t worked this long just to see everything go up in smoke.
 
 
▼この英語解説を日本語に翻訳すると、次のようになります。
 
“go up in smoke”
 
a) もし、何かが、”go up in smoke”であるなら、それは燃えて完全に破壊されている。
 
『その工場全体は、煙と消えた=全焼した。』
 
b) <砕けた言い方> もし、計画や作業などが、”go up in smoke”であるなら, それは、失敗、あるいは、続けることが出来ない状態である。
 
『我々は、この作業を長くできなかった、ただ、煙と消えるのを見ているだけだった。』
 
 
あまり使いたくない英語表現ですが・・・
 
パーティーなどの予定が無くなったとき、等に使える英語表現ですね。
 
“The party’s plan went up in smoke.”
 
というような英文で使えると思います。(^^)/
 
 

ご参考

▼ほぼ毎日情報を配信!(Twitter)
 英会話Giテックの公式ツイッターアカウントは、こちら

 

▼割引クーポンなど(LINE@)
 英会話Giテックの公式LINEアカウント(LINE@)の登録方法は、こちら

 

英語の豆知識などの情報(Facebook)
 英会話Giテックの公式Facebookページは、こちら
 
英語に関連する画像(Instagram)
 英会話Giテックの公式インスタグラムは、こちら
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
泉佐野市 英会話教室 Giテック 無料体験
エキテン・ランキング第1位 泉佐野駅エリア 英会話教室部門
信頼⇒ホンモノの発音で英会話【ネイティヴ講師】 安心⇒オサイフに優しい【月謝制】内閣府所管【全外協】加盟 便利⇒オスキな時間で英会話【自由予約制】(学生・大人)
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

学生さん向け春休み短期コース

春休み短期集中コース

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

公式Facebookページはこちら

Facebookページは、こちら。「いいね!」をお願いします。

英会話Giテック・インスタグラム

インスタグラムは、こちら。フォローをお願いします。

英会話Giテック・ツイッターアカウント

ツイッターアカウントは、こちら。フォローをお願いします。

英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ