『急がなくていいよ』の英会話表現

There's no need to rush.
 
この記事を書いているのは、2019年3月ですが・・・
 
3月といえば、年度末。働いている方々は、とてもやることが多い時期ですよね。
 
また、今年は、元号が平成から変わります。
 
新しい元号が決まったら、またやることが増えそうです。
 
やることが多いと、急いで仕事を片付けたり、あわてたりして、失敗することも多いですよね。
 
では、『急がなくていいよ』と英語で言う場合、どんな英語フレーズがあるでしょう?
 

『急がなくていいよ』 There’s no need to rush.

 
『急がなくていいよ』を英語化する場合、大抵の日本人なら、
 
「急ぐ必要はない」と考えて、
 
“You don’t need to rush.”
 
と直訳する人が多いかもしれませんね。
 
もちろん、この英語フレーズも間違いではありません。
 
しかし、なんとなく教科書的な英文で、会話向きではない気がします。
 
口語で良く使われるパターンとして、
 
“There’s no need to rush.”
 
という英語フレーズがあります。
 
個人的に思うには、You don’t need to _____. と言ってしまうと、何となく上から目線っぽいニュアンスがします。
 
ですから、”You”(あなた)という主語をあえて除外して、
 
「急ぐ必要なんて、どこにもない」
 
と言う英語フレーズの、
 
“There’s no need to rush.”
 
のほうが、カジュアルっぽい会話になる気がします。
 
ちなみに、このケースでは、need は、動詞ではなく名詞です。
 
緊張したビジネス英会話のような場面にはふさわしくないかもしれませんね。
 
しかし、日常英会話であれば、この英語フレーズのほうが好まれると思います。(^^)/
 
 

ご参考

▼ほぼ毎日情報を配信!(Twitter)
 英会話Giテックの公式ツイッターアカウントは、こちら

 

▼割引クーポンなど(LINE@)
 英会話Giテックの公式LINEアカウント(LINE@)の登録方法は、こちら

 

英語の豆知識などの情報(Facebook)
 英会話Giテックの公式Facebookページは、こちら
 
英語に関連する画像(Instagram)
 英会話Giテックの公式インスタグラムは、こちら
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
泉佐野市 英会話教室 Giテック 無料体験
エキテン・ランキング第1位 泉佐野駅エリア 英会話教室部門
信頼⇒ホンモノの発音で英会話【ネイティヴ講師】 安心⇒オサイフに優しい【月謝制】内閣府所管【全外協】加盟 便利⇒オスキな時間で英会話【自由予約制】(学生・大人)
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

公式Facebookページはこちら

Facebookページは、こちら。「いいね!」をお願いします。

英会話Giテック・インスタグラム

インスタグラムは、こちら。フォローをお願いします。

英会話Giテック・ツイッターアカウント

ツイッターアカウントは、こちら。フォローをお願いします。

英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ