『道を切り開く』の英語表現

pave the way子どもには無限の可能性があります。

 

ちょっとシビアな言い方ですが、いずれ大きくなったら、

 

「自分の未来を切り開く」というのが子ども達の運命ですよね。

 

では、「未来を切り開く」という表現を英語化するとしたら、どうなるでしょう?

 

日本語で、「道を開く」と言いますが、それと同じような表現が英語にもあります。

 

“pave the way”

 

という表現です。

 

動詞の”pave”は、元々「(道を)舗装する」という意味です。

 

なので、「舗装された道路」は、”pavement”という単語になります。

 

この”pave”を使った”pave the way“(道を舗装する)というフレーズは、「道を開く」という意味になります。

 

ですから、

 

「子ども達は、未来のために、道を切り開かなければならない。」

 

を英語に翻訳すると、

 

“Children must pave the way for their future.”

 

というような英文になります。(^^)/

 

身近な話題について英文を作ってみますと・・・

 

Kansai international airport could pave the way for the future thanks to the LCCs(Low-Cost Carriers), such as Peach Aviation.

『関西国際空港は、LCC(例えば、ピーチ・アビエーション社)の登場によって、未来を切り開くことが出来た。』

 

となります。新しいフレーズは、こうやって身近なことに応用して覚えるのが近道です。(^^)/

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック