『臨機応変にやる』の英語表現

play it by earplay it by ear

 

この英会話表現は、どういう意味でしょう?

 

直訳すれば、

 

「耳によって、プレイ(演奏)する」

 

という意味なので、音楽関係の場面で、

 

「即興(アドリブ)で演奏する」

 

という意味で使われます。それが転じて、

 

臨機応変にやる」「ぶっつけ本番でやる」

 

という意味でも使われます。ですから、

 

“It’s important to play it by ear when you have many things to do.”
(やることが沢山あるときは、臨機応変にやることが大事だ。)”

 

というような英語になります。

 

大阪泉州(岸和田市・泉佐野市・熊取町・貝塚市・泉南市・阪南市・泉南郡田尻町・りんくうタウンの地域)では、秋に『だんじり』や『やぐら』などの祭りがありますが、最も有名なのは、『岸和田だんじり祭り』です。

 

『だんじり』は、岸和田だけでなく、泉大津市・和泉市・熊取町・泉佐野市・貝塚市でも曳行されていますが、やっぱり、岸和田が全国的に有名ですよね。

 

昔は、毎年9月14日・15日が、『岸和田だんじり祭り』の日でしたが、敬老の日が、ハッピーマンデー法によって、毎年変化するようになりました。

 

しばらくは、伝統を重んじて、9月14日・15日に祭りを開催していたようですが、曳き手が集まらない・集客できない等の理由により、敬老の日にあわせて、祭りの開催日も毎年変わるようになりました。

 

泉南市・阪南市・岸和田の山手地区・熊取町・泉佐野の山手地区などの祭りも、体育の日に合わせて、毎年祭りの日が変わるようになりました

 

伝統も大事ですが、このように「臨機応変にやる」ということも必要ですよね。(^^)/

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック