『あごで使われる』の英語表現

日本語で、「あごで使われる」という表現がありますが、この慣用句は、「人の言いなりになる」という意味ですよね。

 

でも、「あごで使われる」を、そのまま英語に直訳しても通じません。

 

同じニュアンスの英語は、

 
under someone’s thumb
 
という英語フレーズになります。直訳したら、

 
「誰かの親指の下で」
 
ということですね。要するに、指で指図されて、「言う通りになる」というイメージだと思います。

 

あまり良い例文ではありませんが、

 
“Japanese government was under the country’s thumb.”
(日本政府は、その国の言いなりだった。)
 
というような感じになります。

 

「その国」には、適当な国の名前を当てはめてください。(笑)

 

一応、「今は、そうではない(言いなりではない)」ということを期待して、あえて過去形の”was”にしました。(^_^)/

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック