『行儀が悪いですよ』の英語表現

お子さんの行儀が悪いとき、いろいろな注意の仕方がありますが、日本語でしたら、通常は「お行儀が悪いですよ。」というような注意の仕方になりますよね。

 

それに相当する英語フレーズの一つとして、

 
Where are your manners?
 
という英語があります。

 

直訳すれば、「あなたのマナー(行儀)は、どこにあるの?」ということですが、要するに、

 
「あなたのマナーは、どこにも見当たらない。」=「行儀が悪いですよ!」
 
ということになります。(^^)/

 

通常は、子ども達に使うフレーズで、大人に対して使うことは無いそうです。

 

しかし、大人に対して、子どもを注意しているような感じで、嫌味っぽく使っても良さそうなフレーズですね。

 

でも、喧嘩になるかもしれませんので、このフレーズを大人の人に使うときは、ご注意ください。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック