副詞を使ってカッコイイ英会話

副詞を使って、カッコいい英語を話しましょう。英会話Giテック代表の井田が初級レベルの生徒の頃ですが、英語の上手い人を観察していると、(当たり前ですが)明らかに、自分とは違う英語を使っています。

 

その一つとして、「副詞」が挙げられます。

 

文法用語(副詞)は、どうでもいいのですが、要するに、「つけ足しの言葉」を使う、ということです。

 

例えば、いわゆる「頻度の副詞」と呼ばれる、sometimes, usually, alwaysなどです。

 

こういう「頻度の副詞」を使うことで、微妙なニュアンスを追加できます。

 

また、definitely, absolutely, exactly, basicallyといった副詞も、個人的によく使います。

 

自分の意見を伝えるときに、「どの程度、確信を持っているのか」というニュアンスを追加できます。

 

また、”exactly”などは、”Yes/No”で答えるケースで、”Yes”の代わりにも使えます。

 

こういう副詞を扱える人は、間違いなく、中級レベル以上です。

 

なんとなく、「カッコいい英語」のように見えませんか?

 

例えば、

 

「あのお店の料理って、美味しいよね?」

 

と聞かれて、単に”Yes”で答えるのではなく、

 

「まったく、その通りだ!」と答えたい場合(泉佐野市周辺の泉州弁では、「せやせや!」などと言いますが)、

 

“EXACTLY!!”と大きな声で答えたほうが、カッコよくないですか?

 

日本語でいえば、「ハゲしく同意!」といったニュアンスです。

 

こういった「副詞」を使って、自分の英語をカッコよくしてみてくださいね。(^^)/

 

ちなみに、私のことについて、頻度の副詞を使って英文を作ってみれば・・・

 

“I occasionally have a meal around Izumisano station.”

『泉佐野駅周辺で、たまに食事をします。』

 

というような英文になります。(^^)/

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ