『無いものねだり』の英会話表現


 

子ども達が小さいうちは仕方のないことですが、「あれ、買って」とか、「あれ、欲しい」とか、しょっちゅう、物をねだられますよね。

 

でも、当たり前ですが、自分が欲しいものを全て手に入れることはできません。

 

そういう「無いものねだりをする」という状況を英語で表現すると、どうなるでしょうか?

 

一つの言い方として、「無いもの=不可能なもの」という見方をして、”impossible“という単語を使う方法があります。

 

ですから、

 

My son often asks the impossible.”

 

という英文は、

 

「私の息子は、しょっちゅう、無いものねだりしている。」

 

という意味になります。

 

無いものねだり」と言えば・・・
 
無いものねだりの子守歌~♪」(東京ララバイ:中原理恵さん)という歌を思い出した方は、私(井田)と同世代かもしれませんね。(笑)

 

先日、某男性生徒さんが、こちらの記事(『作り話をする』の英会話表現)を読まれたらしく、『鋼鉄ジーグに笑いました。』と言ってくださいました。ということで、再び、このような昔の回帰ネタを思いついた次第です。

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
無料体験レッスン
 
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ