『結局、何?』の英語表現

日本語でも英語でも、だらだらと長く話す人っていますよね。

 

たとえば、政治家さんの話って、とかく色々と長~くなることが多いです。(笑)

 

話が長くなって、「結局、何?」となってしまって、結論が見えない、言いたいことが良く解らない、となることもあります。

 

そういう時に、使える英語フレーズの一つが、

 
What’s the bottom line?“です。

 

直訳したら、「最後の行は、何?」という意味になりますが、

 
「最後の行=結論」というイメージから、「結論は何なの?」「何が言いたいの?」というニュアンスになります。

 

日常英会話でも、ビジネス英会話でも使えるフレーズですが、ビジネスシーンでは、

 
「最終利益」を意味することもあります。これも、「最後の行」のイメージから容易に想像できる意味ですよね、(^^)/
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ