⑤お知らせ

『全く同感だ!』の英会話表現

Couldn't agree more.


今回は、比較的簡単に見える表現です。

Couldn’t agree more.”という英語表現は、どういう意味でしょう?

ちなみに、会話では、分かり切っている場合、主語を省略することがあります。

“Sounds good!”という表現は、主語の”It”が省略されているパターンです。

ですから、”Couldn’t agree more.”も、”I”という主語が省略されているので、本来は、

“I couldn’t agree more.”

という英文が本来の英文です。

実は、文法用語で言うと、「仮定法」の一種です。

直訳すれば、

「私は、これ以上賛成できないだろう。」

という意味ですが、

「これ以上(more)賛成できないだろう(couldn’t agree)」

=「絶対的に賛成だ!(全く同感だ!)」

という意味です。(^^)/

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Presented by 大阪府泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料体験レッスン

子ども英会話クラス~大人の英会話レッスンの「無料体験レッスン」は、予約制となっております。

詳細はこちらから

コメントを残す

*

CAPTCHA