『すごく安い!』の英語表現

Dirt Cheap!

“cheap”という英語はご存知だと思います。『安い』という意味ですよね。

 

ちなみに、関西国際空港を拠点にしているLCCの『ピーチ・アビエーションさん』の”peach”ですが、のスペルをシャッフルすると・・・”cheap(安い)”になる、ということをご存知の方も多いと思います。

 

では、”dirt”(泥)がついて、”dirt cheap“という英語表現は、どういう意味でしょう?

 

なんとなく予想できますよね。

 

格安の、ばかに安い』という意味の英語です。

 

大阪弁でいうなら、『アホみたいに安い』というニュアンスです。(笑)

 

例によって、英英辞典(LONGMAN)で調べてみます。

 
dirt cheap” adjective, adverb informal

 

extremely cheap or cheaply

 

“Such cheap goods obviously rely on dirt cheap labor.”

 

“I got these shoes dirt cheap.”

 

これを日本語にしてみると・・・

 
dirt cheap” 形容詞、副詞 <口語>

 

極端に安い、安く

 

『こんな安物の商品は、明らかに、格安の労働者が作っているに違いない。』

 

『俺、この靴、アホみたいに安く買うたねん。』(何故か、大阪弁)

 

というような意味になります。

 

もし、大阪弁の『アホみたいに安い』を、そのまま英語に翻訳して・・・

 

“stupid cheap”

 

などという英語フレーズが出来たら、面白いですね。(^^♪

 

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ