『奇遇ですね!』の英会話表現

Fancy meeting you here!
 
子ども達とお出かけしていて、
 
意外なところで昔の知人とバッタリ出会う!
 
ということがありますよね。
 
英会話Giテックでも、
 
『KIDS生徒さんのお母さんが、学生の時の学校の先生(恩師)と、Giテックで、バッタリ出会ってビックリ!』
 
ということがありました。
 
では、『まさか、ここで会うなんて!(奇遇ですね!)』と英語で言いたい場合は、どのような英語になるでしょう?
 

『奇遇ですね!』 Fancy meeting you here!

 
偶然にも、自分の子どもと、恩師の先生が、同じ英会話スクールに通っている・・・
 
実は、こういう不思議な出会いが、Giテックでは頻繁にあります。(笑)
 
そういう、
 
『まさか、ここで会うなんて!(奇遇ですね!)』
 
という表現を英語で言うと、
 
“Fancy meeting you here!”
 
というフレーズになります。もちろん、fancyが、nice などでも構いません。
 
このフレーズは、本来、
 
“It was fancy meeting you here!”
 
のような英文で、It was が省略されていると考えてください。
 
“Nice to meet you.”は、初対面の人に対する挨拶ですが、このフレーズも、
 
“It’s nice to meet you.”
 
が本来の英文で、It’s が省略されています。
 
ここで注意が必要なのは、
 
初対面のときは、to meet you というに不定詞を使って、
 
知人と会った時は、meeting you という動名詞の形になる、という違いです。
 
何故、違うのでしょう?
 
よろしけば、Giテックのスタッフに質問してくださいね。(^^)/
 
 

ご参考

▼ほぼ毎日情報を配信!(Twitter)
 英会話Giテックの公式ツイッターアカウントは、こちら

 

▼割引クーポンなど(LINE@)
 英会話Giテックの公式LINEアカウント(LINE@)の登録方法は、こちら

 

英語の豆知識などの情報(Facebook)
 英会話Giテックの公式Facebookページは、こちら
 
英語に関連する画像(Instagram)
 英会話Giテックの公式インスタグラムは、こちら
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
泉佐野市 英会話教室 Giテック 無料体験
エキテン・ランキング第1位 泉佐野駅エリア 英会話教室部門
信頼⇒ホンモノの発音で英会話【ネイティヴ講師】 安心⇒オサイフに優しい【月謝制】内閣府所管【全外協】加盟 便利⇒オスキな時間で英会話【自由予約制】(学生・大人)
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

公式Facebookページはこちら

Facebookページは、こちら。「いいね!」をお願いします。

英会話Giテック・インスタグラム

インスタグラムは、こちら。フォローをお願いします。

英会話Giテック・ツイッターアカウント

ツイッターアカウントは、こちら。フォローをお願いします。

英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ