『ゼロから』の英会話表現

I built the web site from scratch!
 
女の子の場合、家でクッキーを作ったりする機会があるかもしれません。
 
最初は、手伝ってもらって作ることになると思いますが、
 
2回目からは自分だけでクッキーを作って、
 
「このクッキーは、ゼロから私が作ったの!」
 
と自慢したい時がありますよね。
 
そういった場合、英語でなんと言うでしょう?
 

『ゼロから』 from scratch

 
「ゼロから」という日本語を英語に直訳したら、
 
“from zero”となりますが、恐らく通じない英語です。
 
ナチュラルな英語は、”from scratch”です。
 
“scratch”は、元々「かすり傷」というような意味ですが、
 
要するに、
 
「大したことないもの=ゼロみたいなもの」
 
というニュアンスと捉えてください。ですから、
 
「このクッキーは、ゼロから私が作ったの!」
 
という日本語を英語化すると、
 
“I made these cookies from scratch.”となります。(^^)/
 
 
▼英英辞典(LONGMAN)には、次のような解説と例文が載っています。
 
“from scratch”
 
if you start something from scratch, you begin it without using anything that existed or was prepared before
 
“We had to start again from scratch.”
 
“He had built the business up from scratch.”
 
 
▼この英語解説と例文を日本語に翻訳すると、次のようになります。
 
“from scratch”
 
あなたが、”from scratch”で何かを始めたなら、既に存在したり、準備されたものを使わずに、それを始めるということである。
 
『我々は、ゼロから再開しなければならなかった。』
 
『彼は、ゼロから、そのビジネスを立ち上げたのだった』
 
 
全く話は変わりますが・・・・
 
私(英会話Giテック代表:井田)は、
 
現在、泉佐野市で開催されている『第3回さのまちゼミ』のWeb担当です。
 
ホームページ(HP)は、私が「ゼロから」作りました。
 
なので・・・
 
“I built the web site from scratch!”
 
と言ってもいいですよね?(笑)
 
 

ご参考

▼ほぼ毎日情報を配信!(Twitter)
 英会話Giテックの公式ツイッターアカウントは、こちら

 

▼割引クーポンなど(LINE@)
 英会話Giテックの公式LINEアカウント(LINE@)の登録方法は、こちら

 

英語の豆知識などの情報(Facebook)
 英会話Giテックの公式Facebookページは、こちら
 
英語に関連する画像(Instagram)
 英会話Giテックの公式インスタグラムは、こちら
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
泉佐野市 英会話教室 Giテック 無料体験
エキテン・ランキング第1位 泉佐野駅エリア 英会話教室部門
信頼⇒ホンモノの発音で英会話【ネイティヴ講師】 安心⇒オサイフに優しい【月謝制】内閣府所管【全外協】加盟 便利⇒オスキな時間で英会話【自由予約制】(学生・大人)
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

公式Facebookページはこちら

Facebookページは、こちら。「いいね!」をお願いします。

英会話Giテック・インスタグラム

インスタグラムは、こちら。フォローをお願いします。

英会話Giテック・ツイッターアカウント

ツイッターアカウントは、こちら。フォローをお願いします。

英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ