『人を裏切る』の英会話表現

go behind someone's backあまり使いたくない表現ですが、「人を裏切る」という表現を英語に翻訳するとしたら、どうなるでしょう?

 

“betray”という動詞を使うこともできますが、ネイティヴは、とかく「句動詞(基本動詞+前置詞・副詞の形=学校英語で言うところの熟語)」を英会話で使う傾向があります。

 

裏切る」を句動詞で表現すると、例えば、こんな英語表現があります。

 

go behind someone’s back“という表現です。

 

「誰かの背中(someone’s back)の後ろに(behind)行く(go)」ですから、

 

「誰かの背後に回る」=「誰かを裏切る」

 

というイメージです。

 

このように、句動詞はイメージで覚えるほうがお薦めです。

 

例文としては、

 

“I don’t want to go behind his back.”
(私は、彼を裏切りたくない。)

というような感じになります。(^^)/

 
無料体験レッスン
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ

第1回さのまちゼミ No.51 『50歳~100歳までの初級英会話』

50歳~100歳までの初級英会話

第1回さのまちゼミ No.50 『親子で英語のフォニックスにチャレンジ!』

親子で英語のフォニックスにチャレンジ!

第1回さのまちゼミ

第1回さのまちゼミ