『都合をつける』の英語表現

I can't make it. (>_ネイティヴが日常英会話で頻繁に使う英語フレーズですが、意外と日本人が知らないものが沢山あります。

 

その一つが、

 

I can’t make it.

 

というフレーズです。

 

直訳すれば、

 

『私は、それを作ることができない。』

 

という意味ですが、このフレーズが使われる場面では、そういう意味ではありません。

 

例えば、友達と明日食事に行く約束をしていたけど、『都合が悪くなった』と言う場合に、

 

“I’m sorry, but I can’t make it tomorrow.”

 

というように使われます。

 

make“という動詞ですが、基本的には『何かを作り上げる』というようなイメージです。

 

そこから、『~の状態を作り上げる』⇒『何とかして、都合をつける』というに意味が派生したのではないか?と個人的に思います。

 

このフレーズは、本当に会話で頻繁に使われます。

 

もちろん、『都合がつく』という場合は、

 

I can make it.

 

でOKです。(^^)/

 

当たり前ですが、疑問文で使う場合、

 

『明日、都合つけれられる?

Can you make it tomorrow?”

 

となります。

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ