『前置き』の英会話表現

I hope it's not too much trouble.

 

日本語で、何かを誰かに依頼するときは、『すいませんが』というように前置きを言うと、丁寧な言い方になりますよね。

 

英語もそれと同じで、いきなり何かを依頼するのではなく、

 

『すいませんが・・・』

 

とか、

 

『ご迷惑でなければ・・・』

 

といったような前置きを言うと丁寧な言い方になります。

 

なので、『すいませんが・・・』 ⇒ “Excuse me, but …..”というような前置きを使うことをお薦めします。

 

個人的に、もう少し丁寧な印象を持つフレーズとして、

 

I hope it’s not too much trouble.

 

という英会話フレーズがあります。

 

正に、日本語で言うところの『ご迷惑でなければ』に相当します。

 

友達同士で、このフレーズを使うと丁寧すぎますので、目上の人や接客などのフォーマルな状況で使うことをお薦めします。(^^)/

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
無料体験レッスン
 
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

公式Facebookページはこちら

Facebookページは、こちら。「いいね!」をお願いします。

英会話Giテック・インスタグラム

インスタグラムは、こちら。フォローをお願いします。

英会話Giテック・ツイッターアカウント

ツイッターアカウントは、こちら。フォローをお願いします。

英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ