『困っている』の英会話表現

I'm in a bind.色んな問題があって、困っている状況を想定してください。

 

困っている』ということを英語で表現する場合、様々な言い方があります。

 

その一つが、

 

I’m in a (real) bind.

 

という表現です。”real”を加えることで、『本当に困っている』と強調できます。

 

“bind”という単語は、『縛る、縛ること』という意味です。そこで、”I’m in a bind.“は、まさに『何かに縛られて身動きがとれない。』=『困っている状態』という意味に発展します。

 

日本語で、『バインダー』というように、”binder”(縛る道具)を思い浮かべれば覚えやすいかも?

 

あるいは、日本人なら、写真のように、『何かに挟まれていて、困っている』ようなイメージのほうが覚えやすいかもしれませんね。

 

例によって、英英辞典(LONGMAN)で、名詞の”bind”の意味をチェックしてみます。

 
bind” noun [ singular ] informal

an annoying or difficult situation

 
英英辞典の内容を日本語化してみると、

 
bind” 名詞 [ 単数形 ] 口語

『迷惑な、あるいは、困難な状況』
 
となります。

 

実生活では、できれば使いたくない表現ですね。(笑)

 

先日まで、大阪泉州(泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・熊取町・泉南市・阪南市など)では、秋祭りが開催されていました。だんじり・やぐらなどの祭りで、地元から離れることができなくて、困難な状況の人も多かったのではないでしょうか?(^^;

 

そういう時も、英語で、

 

I’m in a bind during the festival.”

 

と言うことができますね。(^^)/

 
無料体験レッスン
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ

第1回さのまちゼミ No.51 『50歳~100歳までの初級英会話』

50歳~100歳までの初級英会話

第1回さのまちゼミ No.50 『親子で英語のフォニックスにチャレンジ!』

親子で英語のフォニックスにチャレンジ!

第1回さのまちゼミ

第1回さのまちゼミ