『邪魔をする』の英会話表現

日本人の英語学習者の場合、難しい英語で表現しようとする人が多いように思われます。

 

もちろん、学会などのフォーマルな英会話場面では、難しい英語で表現する必要がありますが、日常英会話でしたら、むしろ簡単に表現するほうが好まれます。

 

例えば、「邪魔をする」という表現を英語に翻訳する場合は、”disturb”という単語を使う方法もありますが、もっと簡単な単語”keep”を使う方法もあります。

 
「あなたの邪魔をする」⇒「あなたをキープしてしまっている」
 
というような考え方です。なので、

 
“I’m sorry, I’m keeping you from working.”
 
という英会話文は、

 

「すいません。私は、あなたを、仕事からキープしてしまっている」

 

という直訳になりますが・・・

 
「私は、あなたを仕事からキープしてしまっている」
⇒「あなたが仕事するのを妨げている」
⇒「あなたの仕事を邪魔している」
 
ということです。ですから、意訳すると・・・

 

「あなたの仕事の邪魔をして、申し訳ありません。」
 
となります。(^^)/

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
無料体験レッスン
 
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

学生さん向け夏休み短期コース

学生さん向け夏休み短期コース

泉佐野市英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ