『久しぶり』の英語表現

長い間会っていない人と、久しぶりに出会って、

 
久しぶり!』と英語で言う場合、最も有名なフレーズは、

 
Long time no see!”
 
ですよね?しかし、これは、本来おかしな英語です。文法的に見ても、英語っぽくありません。

 

正式な英語は、

 
“It’s been a while.”
 
というような形が、本来の『久しぶり!』に相当する英語表現です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、”Long time no see.”は、中国語で『久しぶり』の意味に相当する”好久不見”という表現に由来するそうです。

 

この『好久不見』の語順のまま英語に変換して、”Long time no see.”と中国人が使いはじめて広まった、という説があります。

 

ですから、日常英会話で使うならともかく、フォーマルな会話場面(ビジネス英会話など)では、”Long time no see.”は使わないほうが良いと思います。

 

こんなことが起きてしまうのが、会話の世界です。

 

文法的におかしなフレーズでも、日常英会話で使われてしまいます。だから、文法に拘り過ぎるのは良くないのです。

 

日本語でも同じですよね。会話で使われる日本語も、どんどん変化しています。

 

私(英会話Giテック代表:井田)は、未だに・・・

 
『よろしかったでしょうか?』に違和感を覚えてしまう、古い日本人です。(笑)

 

中国語をベースにした英語フレーズがあるなら、将来、日本語をベースにした英語フレーズが出来るかもしれませんね。(^^♪

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ