『危険な人』の英会話表現

Loose Cannon!子どもでも大人でも、『突拍子もなく、変なことを言い出す人』とか、『何をするかわからない危険な人』っていますよね。(笑)

 

特に、成長期の子ども達は、何気なく言った言葉で大人を困らせてしまうことも多々あります。

 

この記事を書いているのは、2016年7月ですが、次期アメリカ合衆国大統領候補のトランプ氏も、このタイプの人のような気がします。(笑)

 

そういう人を英語で表現するときに使われるイディオムのようなものが

 
loose cannon
というフレーズです。

 

直訳すれば、『ルーズな(ゆるい)大砲』という意味ですが、要するに、

 
『ゆるい大砲』

   ↓
『いつ弾が飛び出すかわからない』
   ↓
何をするかわからない人
 
というように意味が比喩されているように思われます。

 

英英辞典(LONGMAN)によれば、

 
loose cannon

someone who cannot be trusted because they say or do things you do not want them to
 
という解説があります。この英語の解説を日本語に翻訳すると、

 
『他人から信用されない人物。何故なら、あなたが希望しない事を言ったり、したりするから』
 
ということですから、単刀直入に言えば、『危険人物』ということですよね。

 

“大阪泉州・泉佐野駅前英会話スクールGiテック”には、そういったスタッフは居ないですが・・・

 

私自身(英会話Giテック代表:井田隆士)が、スタッフ達から、

 
“My boss is a loose cannon.”
 
と言われないように注意したいものです。(笑)

 
無料体験レッスン
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ

第1回さのまちゼミ No.51 『50歳~100歳までの初級英会話』

50歳~100歳までの初級英会話

第1回さのまちゼミ No.50 『親子で英語のフォニックスにチャレンジ!』

親子で英語のフォニックスにチャレンジ!

第1回さのまちゼミ

第1回さのまちゼミ