『外出禁止』の英会話表現

I'm grounded“ground”という単語は、「学校のグラウンド」というように、「土地」のような意味で使われることがほとんどですが、動詞として、「~を地面に置く」という意味もあります。

 

では、次の英会話文は、どのような意味になるでしょう?

 

“You’re grounded for two days!”

 

直訳すると、

 

「あなたは、二日間、地面に置かれる。」

 

ということですが、

 

「地面に置かれたままになる」⇒「動けない」

 

ということから、

 

外出禁止!」

 

というニュアンスになります。

 

ですから、例えば、子ども達が何か悪いことをした罰として、

 

「あなたは、二日間、外出禁止です!」

 

という場合に、

 

“You’re grounded for two days!”という英語フレーズが使えます。(^^)/

 

英英辞典(LONGMAN)で、”ground“の項目の中に、次のような解説があります。

 
child [ transitive ] informal

 

to stop a child going out with their friends as a punishment for behaving badly

 

“I got home at 2 am and Dad grounded me on the spot.”

 

この英語の解説を翻訳すると・・・

 
子どもに対して使う [他動詞] 口語表現

 

子どもに対して、友達と外出することを禁止すること。悪いことをした罰として

 

『私は2時に帰宅すると、お父さんが私をその場で外出禁止にした。』

 

という意味になります。

 

親にしても、子どもにしても、あまり使いたくない表現ですね。(笑)

 
無料体験レッスン
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ

第1回さのまちゼミ No.51 『50歳~100歳までの初級英会話』

50歳~100歳までの初級英会話

第1回さのまちゼミ No.50 『親子で英語のフォニックスにチャレンジ!』

親子で英語のフォニックスにチャレンジ!

第1回さのまちゼミ

第1回さのまちゼミ