『値引きしてよ』の英会話表現

Can you be a little more flexible on the price?
 
買い物をしていて、「値引きしてよ」と交渉することがありますが、よく知られているのは、”Can I get a discount?”のようなフレーズです。

 

“discount”は、日本語にもなっていますので、このフレーズは使いやすいと思います。

 

しかし、あまり直接的に「値引き」と言うと、強引な感じもしますので、別の言い方も使ってみてください。

 

例えば、関西では、「値引きしてよ」=「勉強してよ」というような言い方がありますよね?

 

英語の場合、「勉強」ではなく、「融通を利かせる(flexible)」という単語を使うことがあります。

 

“Can you be a little more flexible on the price?”

 

というフレーズは、直訳すると、

 

「値段に、もう少し融通を利かせてくれませんか?」

 

ということですが、遠回しに「値引きしてよ」とお願いしているのと同じ意味です。

 

“flexible”も、日本語として使われるケースも多いので、使いやすいと思います。

 

今度、英語で買い物するときは、使ってみてくださいね。(^^)/

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
無料体験レッスン
 
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

公式Facebookページはこちら

Facebookページは、こちら。「いいね!」をお願いします。

英会話Giテック・インスタグラム

インスタグラムは、こちら。フォローをお願いします。

英会話Giテック・ツイッターアカウント

ツイッターアカウントは、こちら。フォローをお願いします。

英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ