『悪く思わないで』の英会話表現

No hard feelings
 
子ども達に厳しく怒ってしまった後、
 
「悪く思わないで。あなたのためなんだよ。」
 
というようなケースがありますよね?
 
そういうケースでの
 
「悪く思わないで」
 
を英語化するとしたら、どうなるでしょう?
 

『悪く思わないで』 No hard feelings

 
「悪く思わないで」
 
を直訳したら、
 
“Don’t think bad about it.”
 
という感じですが、もっと会話向きの英語フレーズがあります。
 
その一つが、
 
“No hard feelings, please.”
 
です。
 
この英語を日本語に直訳したら、
 
「厳しい感情、無!」
 
ということですが、日本語の
 
「悪く思わないで」
 
に相当するフレーズです。(^^)/
 
 
▼英英辞典(LONGMAN)には、次のような解説と例文が載っています。
 
“no hard feelings” spoken
 
used to tell someone that you do not want to be angry with them or for them to be angry with you
 
“I’m sorry it didn’t work out, but no hard feelings, eh?”
 
 
▼この英語解説と例文を日本語に翻訳すると、次のようになります。
 
“no hard feelings” 口語
 
誰かを怒らせたくない、あるいは、あなたに怒って欲しくない、ということを伝えるために使われる
 
『上手くいかなくて、ごめんね。でも、悪く思わないでね。』
 
 
人に厳しく当たってしまったとき、
 
あるいは、申し訳ないことをしてしまったとき
 
といった場面で使ってみてくださいね。(^^)/
 
 

ご参考

▼ほぼ毎日情報を配信!(Twitter)
 英会話Giテックの公式ツイッターアカウントは、こちら

 

▼割引クーポンなど(LINE@)
 英会話Giテックの公式LINEアカウント(LINE@)の登録方法は、こちら

 

英語の豆知識などの情報(Facebook)
 英会話Giテックの公式Facebookページは、こちら
 
英語に関連する画像(Instagram)
 英会話Giテックの公式インスタグラムは、こちら
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
泉佐野市 英会話教室 Giテック 無料体験
エキテン・ランキング第1位 泉佐野駅エリア 英会話教室部門
信頼⇒ホンモノの発音で英会話【ネイティヴ講師】 安心⇒オサイフに優しい【月謝制】内閣府所管【全外協】加盟 便利⇒オスキな時間で英会話【自由予約制】(学生・大人)
 
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

公式Facebookページはこちら

Facebookページは、こちら。「いいね!」をお願いします。

英会話Giテック・インスタグラム

インスタグラムは、こちら。フォローをお願いします。

英会話Giテック・ツイッターアカウント

ツイッターアカウントは、こちら。フォローをお願いします。

英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ