『意見が合わない』の英会話表現

not see eye to eye
 
会社・学校などで、知人・友人たちと、『意見が一致しない』ということが時々あると思います。
 
そういう時に使う英語表現としては、
 
“agree”, “disagree”
 
などの動詞を思い浮かべる人が多いと思います。
 
今回、面白い英語表現を見つけたので、紹介します。
 

not see eye to eye(意見が合わない)

 
この英語表現を直訳すれば・・・
 
『目と目を見ない』
 
というような意味になりますが、要するに・・・
 
『目を合わせない』
 
 ▼▼▼
 
意見が合わない
 
ということです。
 
英英辞典(LONGMAN)には、次のような解説と例文が載っています。
 
see eye to eye” [usually in negatives]

 
if two people see eye to eye, they agree with each other
 
“We didn’t exactly see eye to eye.”
 
 
この解説と例文を日本語に翻訳すると、次のようになります。
 
see eye to eye” [通常、否定文で]

 
二人の人間が、”see eye to eye“なら、彼らはお互いに意見が一致している。
 
『我々は、全く意見が合わなかった。』
 
 
となります。
 
『目と目が合う』=『意見が一致する』という感覚は、日本語でも同じですよね。(^^)/

 

ご参考

▼ほぼ毎日情報を配信!(Twitter)
 英会話Giテックの公式ツイッターアカウントは、こちら

 

▼割引クーポンなど(LINE@)
 英会話Giテックの公式LINEアカウント(LINE@)の登録方法は、こちら

 

▼英語の豆知識などの情報(Facebook)
 英会話Giテックの公式Facebookページは、こちら
 
▼英語に関連する画像(Instagram)
 英会話Giテックの公式インスタグラムは、こちら
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
英会話Giテックの花見とハロウィンイベント
英語がペラペラになったら・・・ ガラッと人生が変わりますよね? ネイティヴの英会話レッスンを、まずは無料体験!
信頼⇒ホンモノの発音で英会話【ネイティヴ講師】 安心⇒オサイフに優しい【月謝制】内閣府所管【全外協】加盟 便利⇒オスキな時間で英会話【自由予約制】(学生・大人)

▼▼▼

無料体験レッスン

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

泉佐野市英会話教室Giテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ