『食べながら話す』の英会話表現

talk about it over beer
友人と話があるときなど、
 
ランチしながら、話そう。
 
と言う時がありますが、そういう時は、前置詞の”over“を使うのがお薦めです。
 
例えば、次のような英文になります。
 

“Let’s talk about it over lunch.”
(ランチしながら、話そう。)

 
あるいは、大人の人だったら、
 
ビールを飲みながら、話そう!
 
というような状況があると思いますが、そういう時も、”over“を使って、
 

“Let’s talk about it over beer.”
(ビールを飲みながら、話そう。)

 
という英文で表現することが出来ます。
 
この”over“という前置詞の基本的なイメージは、
 
『上に覆っている』
 
というようなイメージです。
 
ですから、”over beer“で、
 
『ビールジョッキの上のほうで会話が覆っている』
 
というようなイメージになり、
 
ビールを飲みながら、会話する』= “talk about it over beer
 
というイメージになる、ということです。(^^)/
 
英英辞典(LONGMAN)の”over“の一つの項目には、次のような解説と例文が載っています。
 
“during”
“Will you be home over the summer vacation?”
Over a period of ten years he stole a million pounds from the company.”
“Can we talk about this over dinner?”
 
この解説と例文を日本語に翻訳すると、次のようになります。
 
“during”(~の間)
『夏休みの間、家にいるの?』
『10年の間、彼は会社から100万ポンドを盗んだ。』
ディナーしながら(ディナーの間)、これについて話しませんか?』
 
“during”にも置き換えできそうですが、なんとなく、”over“を使うほうが会話向きのように思います。
 
色々と応用が効きますので、『~しながら』と英語で言いたい時は、是非、”over“を使ってみてください。(^^)/

 

ご参考

▼ほぼ毎日情報を配信!(Twitter)
 英会話Giテックの公式ツイッターアカウントは、こちら

 

▼割引クーポンなど(LINE@)
 英会話Giテックの公式LINEアカウント(LINE@)の登録方法は、こちら

 

▼英語の豆知識などの情報(Facebook)
 英会話Giテックの公式Facebookページは、こちら
 
▼英語に関連する画像(Instagram)
 英会話Giテックの公式インスタグラムは、こちら
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
英会話Giテックの花見とハロウィンイベント
英語がペラペラになったら・・・ ガラッと人生が変わりますよね? ネイティヴの英会話レッスンを、まずは無料体験!
信頼▶ホンモノの発音で英会話【ネイティヴ講師】 安心▶オサイフに優しい【月謝制】内閣府所管【全外協】加盟 便利▶オスキな時間で英会話【自由予約制】(学生・大人)

▼▼▼

無料体験レッスン
 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

LINEアカウント(LINE@)

割引クーポン等は、LINEで!友だち登録お願いします!

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ