『呼び出す』の英会話表現

同じ単語でも会話の場面によっては、違う意味になることがあります。

 

その一つとして、”page“という単語を紹介します。

 

御存知のように、「名詞」で、「(本の)ページ」という意味ですが、「動詞」としても使われます。

 

例えば、ホテルなどで、誰かが来たら呼び出して欲しいときなどで、

 
“Can you page me when my friend arrives.”
(私の友達が到着したら、呼び出してくれないか?)
 
という感じで使われます。

 

page“が動詞として使われるとき、「呼び出す」という意味になる、ということです。

 

でも、なんとなくイメージできませんか?「ページをめくって探す」ようなイメージから、「呼び出す」ということに繋がったのだと思います。(個人的な見解ですが・・・)

 

若い人は御存知ないと思いますが、昔、携帯電話が普及する前に、「ポケットベル(ポケベル)」というのがありました。

 

この「ポケットベル」は和製英語で、ネイティヴには通じません。正しい英語は、”pager”(呼び出すもの)という単語になります。あるいは、”beeper”という単語も使えます。

 

「ポケットベル」がどういうものなのか解らない人は、ググってくださいね。

 

ちなみに、日本語で「Googleで検索すること」を「ググる」と言いますが、英語でも、”google”と言えば、「グーグルで検索する」という意味の動詞です。

 

ですから、よく「自分でググれよ!」と人に言うことがありますが、英語ですと、”Google it for yourself!”というような英語になります。少し乱暴な言い方ですので、親しい間柄だけで使ってください。(^^)/
 
無料体験レッスン
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック

 

サイト内検索

無料体験レッスン

無料体験レッスン

一ヶ月お試しコース

1ヶ月お試しコース10名様限定

【 人数限定 】 オンラインマンツーマン英会話

オンラインマンツーマン英会話

【 人数限定 】 子供連れのママさん限定・英会話クラス

子供連れのママさん限定

泉佐野・貝塚・泉南・阪南で英会話教室ならGiテックのブログ

泉佐野英会話Giテックのブログ

第1回さのまちゼミ No.51 『50歳~100歳までの初級英会話』

50歳~100歳までの初級英会話

第1回さのまちゼミ No.50 『親子で英語のフォニックスにチャレンジ!』

親子で英語のフォニックスにチャレンジ!

第1回さのまちゼミ

第1回さのまちゼミ