⑤お知らせ

カモがネギしょって 英語で

日本語には、『泣きっ面に蜂』という表現がありますよね。

要するに、『ただでさえ悲しいことがあったのに、その上に違う嫌なことが起きた時』などに使われる表現です。

では、『泣きっ面に蜂』の反対語は何でしょう?

『嬉しいことあって、さらに、違う嬉しいことが起きた時』に使う日本語です。

意外と日本語には、そういう表現は無さそうです。『泣きっ面に蜂』といった不幸に関する類似表現は沢山あるのに。(例えば、一難去ってまた一難、踏んだり蹴ったり等)

ようやく見つけた『泣きっ面に蜂』の反対語は、『カモがネギしょってやってくる』でした。

しかし、この表現くらいしか『泣きっ面に蜂』の反対語は見つけられませんでした。

それなのに、『泣きっ面に蜂』といった不幸に関する類似表現は沢山あります。
 
日本語って、なんか後ろ向き志向の諺のほうが多いのでしょうか?
だから、日本人って、引っ込み思案の人が多いのかもしれませんね。(苦笑)

さて、英語には、どちらかと言うと、前向き志向の表現が多いような気がします。
(個人的見解ですが・・・)

その中の一つの英語表現で、”the icing on the cake“というフレーズがあるのですが、
 
「ケーキの上にアイス」ってどういうこと?
 
と思われるかもしれません。(笑)

「ケーキの上にアイス」は必須ではありませんが、美味しいケーキの上に、さらに
アイスがあったら、いつもより、ちょっと嬉しい感じがしますよね。

なので、いつもより嬉しい時に使う英語表現です。例えば、子ども達が新しいオモチャを
買ってもらった時に福引券がついていて、抽選で商品券が当たったとき、こんな英語に
なります。

 
I got a new toy and a prize in the lottery. That’s the icing on the cake!
(新しいオモチャに加えて、抽選で当たったよ。なんて嬉しいんだ!)
 
このフレーズ何となく、『カモがネギしょってやってくる』に似てませんか?

 
the icing on the cake(ケーキの上にアイス)
 
the duck with the green onion(カモがネギしょって)
ちょっと、こじつけですか?(笑)

英会話Giテックの地元の大阪泉州・泉佐野市では、ここ最近、中国人・韓国人の観光客が非常に多く滞在されています。時々、英語でご挨拶したりしています。

これも、LCCのピーチアビエーション様はじめ、多くのLCCが関西空港を利用してくださっているからでしょう。

さらに、関西空港では、ピーチアビエーション様だけでなく、世界的大手航空貨物会社のフェデックス(FedEx:フェデラルエクスプレス)様も、拠点空港として利用していただいてます。

まさに、関西空港では、”the icing on the cake“の状態(?)でしょうか。(^^♪

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料体験レッスン

子ども英会話クラス~大人の英会話レッスンの「無料体験レッスン」は、予約制となっております。

詳細はこちらから

コメントを残す

*

CAPTCHA