⑤お知らせ

『前置詞』はイメージで区別するのがお薦めです

in my mind

前回、『句動詞(phrasal verbs)は、イメージで覚える』という記事を書きましたが、今回も関連する記事です。

日本人にとって、『前置詞(preposition)』を正確に使い分けるのは難しいようです。

同様に、外国人にとって、日本語の『助詞(て・に・を・は、等)』を使い分けるのも難しいです。

しかし、個人的な意見ですが、英語の前置詞のほうが意味がイメージしやすいので、日本語の助詞よりも簡単だと思います。

例えば、”in”という前置詞は、基本的には『中』というイメージです。

その『中』という基本イメージから、色々なニュアンスに発展します。

また、”on”という前置詞は、『上』をイメージする人も多いかもしれませんが、どちらかというと『接している』(上方向でも横方向でも構わない)というイメージだと思います。

ですから、『壁に時計がある。』という場合は、”There’s a clock on the wall.”というような英会話文になります。

こういった前置詞の違いで、微妙にニュアンスが異なる表現が英語には多いです。

簡単な例ですと、”on someone’s mind”と、”in someone’s mind”の違いです。

※ “someone’s”は、実際には、『my, your, theirなどの所有格に変化する』と考えてください。

“in someone’s mind”の場合は、『心(mind)の中に、しっかりと入り込んでいる』

というようなイメージです。

そういった基本イメージから、

“on someone’s mind” ⇒ 『気にかかっている』(確信は無いが・・・)

“in someone’s mind” ⇒ 『しっかりとした考えを持っている』

というような違うニュアンスになる、ということです。

恐らくは、ネイティヴは、こういったイメージ前置詞を使い分けているはずです。

なので、『時刻表現は”at”を使って、日付表現は”on”を使う。そして、年号表現は”in”を使う』というような丸暗記で、前置詞を使わないほうがお薦めです。(^^)/

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料体験レッスン

子ども英会話クラス~大人の英会話レッスンの「無料体験レッスン」は、予約制となっております。

詳細はこちらから

コメントを残す

*

CAPTCHA