『おしゃべりをする』の英会話表現

shoot the breeze
 
前回、breeze“の意外な意味(楽な事)をご案内しましたが、今回も、”breeze“を使った英語表現です。
 
『おしゃべりをする』という英語表現には、色々な言い方がありますが、その一つが・・・
 
shoot the breeze
 
という英語フレーズです。
 

shoot the breeze 『おしゃべりをする』

 
何故、このような意味になるのかというと・・・
 
shoot the breeze
 
という英語フレーズを直訳すると、
 
『そよ風を撃つ』
 
ということですが、そんなの無駄な行為ですよね?
 
それが転じて、『無駄なことをする』⇒『無駄話をする』⇒『(単なる)おしゃべりをする』という意味になったのではないか?と、私(井田)は個人的に思います。
 
日本語で言うところの、『井戸端会議をする』=『(単なる)おしゃべりをする』も同じようなものだと思います。
 
普通、会議というものは、重要な事について会議室などで行うものですが、それ(会議)を『井戸端でする』ということは、『重要でない話をする』=『どうでもよい話をする』=『(単なる)おしゃべりをする』というニュアンスになります。(^^♪
 
英英辞典(LONGMAN)には、次のような解説と例文が載っています。
 
shoot the breeze” American English informal
 
to have an informal conversation about unimportant things
 
“Cal and I were sitting on the porch, shooting the breeze.”
 
この英語解説と例文を日本語に翻訳すると、次のようになります。
 
“shoot the breeze” アメリカ英語 口語
 
重要でない事について、私的な会話をすること
 
『Calと私は、ポーチに座りながら、おしゃべりをしていた。』
 
“have a chat”という英語フレーズも、『おしゃべりをする』という意味ですが、機会があれば、”shoot the breeze“という英語フレーズも使ってみてくださいね。(^^)/

 

ご参考

▼ほぼ毎日情報を配信!(Twitter)
 英会話Giテックの公式ツイッターアカウントは、こちら

 

▼割引クーポンなど(LINE@)
 英会話Giテックの公式LINEアカウント(LINE@)の登録方法は、こちら

 

英語の豆知識などの情報(Facebook)
 英会話Giテックの公式Facebookページは、こちら
 
英語に関連する画像(Instagram)
 英会話Giテックの公式インスタグラムは、こちら
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
エキテン・ランキング第1位 泉佐野駅エリア 英会話教室部門 2018年5月時点
英語がペラペラになったら・・・ ガラッと人生が変わりますよね? ネイティヴの英会話レッスンを、まずは無料体験!
信頼⇒ホンモノの発音で英会話【ネイティヴ講師】 安心⇒オサイフに優しい【月謝制】内閣府所管【全外協】加盟 便利⇒オスキな時間で英会話【自由予約制】(学生・大人)

▼▼▼

無料体験レッスン

 

Presented by 大阪泉州・泉佐野駅前・月謝制英会話教室Giテック